【夢占い】家の夢!大きな家・買う・傾く・壊れるなど状況別

家の夢占い

夢占いで家の夢は吉夢と解釈される状況が多いですよ。

基本的にはいい夢なのですが、家の夢といっても、さまざまな状況があります。

家を買う・売る・建てる・壊れる・誰かが訪ねてくるなど、家に関するどんな夢だったのか?

家の夢を思い出しながら、夢占いを楽しんでいってください。

 

大きな家の夢

夢が始まると大きな家に住んでいるような夢。または豪邸を見学するような夢だとします。

夢占いで家は、「あなた自身」を象徴するもの。
夢の中で見た大きな家というのは、「大きな器」のようなものだと思ってください。

夢の中に大きな家(大きな器)が登場したのは、あなたの今の精神状態や気力の高まりをあらわす夢です。

今とこれからの充実を暗示する夢で、何か計画があるなら自信を持って進めることで吉となる可能性が高いですよ。

また、大きな家や豪邸のような夢を見る人は好奇心が旺盛であることを示す夢です。

好奇心旺盛なところを活かし、積極的に過ごすと、いい出会いに繋がる可能性もありますから、いい夢だと思ってください。

 

家を買う夢

家を買う夢

夢占いで家を買う夢の意味は、「幸運を招き入れる」ことを暗示する大吉夢です。

家を買う夢は、新築や中古など条件を問わず、良い夢と捉えてください。

現在お住まいになっている家と比べて、夢の中に出てきた家がどうであったのかがポイントです。

現在住んでいる家との差が大きければ大きいほど運勢の転換点を迎えていると解釈できます。

家を買う機会は人生で数えるほどだと思います。
これまでの人生の総決算であり、新たな人生のスタートを暗示する夢で、幸運を招き入れるとてもいい夢だと思ってください。

家を買う夢は、男女共に準備が万端であることも暗示していて、良い出会いから、結婚へと繋がる、という意味もあります。

 

家を改築・増築(リフォーム)する夢

夢占いで家を改築・増築(リフォーム)する夢の意味は、「対人運の向上」を暗示しています。

家を改築・増築など、家をリフォームする事により、現状から更に良い環境になりますよね。

家をリフォームする夢は、これまでの生活にさらに「何かがプラス」される夢だと思ってください。

人によって人生で大切なものが色々あると思います。

  • 健康
  • お金

これでは味気ないかもしれません、あとひとつは良きパートナーです。

家のリフォームにより新たに手に入れる家は、あなたの理想が夢に現れたものです。その理想に、さらに人が加わることを暗示する夢です。

子供かもしれませんし、良き友人、または将来の伴侶かも。このように対人運が向上することを暗示する夢です。

家が火事になる夢

家が火事になる夢を見た場合、多くの人は火事の方が印象に強く残ったのではないでしょうか。

【夢占い】火事の夢は火事の燃え方に注目!火の勢い次第で大吉夢!

2017.07.13

火事の夢は、「燃え方・火事の起こった場所」により解釈が異なります。

詳しくはこちら=>夢占い火事の夢を読んでみてください。

 

家が洪水で浸水(水浸し)になる夢

家が洪水で浸水するような夢。
または家が水浸しになるような夢は、「再生・再スタート」を暗示する吉夢の場合もあれば、金銭の損失をあらわすこともあります。

詳しくはこちら=>夢占い洪水の夢を読んでください。

家が雨漏りする夢

家の何処かから雨漏りするような夢は、身近な人への信頼が揺らいでいる可能性があることを暗示する夢です。

【夢占い】雨漏りの夢!信頼を寄せる人への気持ちが揺らいでいることを暗示

2017.05.13

雨漏りする場所によって解釈が異なるので、心あたりがある人は上記を読んでみてください。

 

家を建てる夢

家を建てる夢

夢占いで家を建てる夢の意味は、「あなたの潜在意識」をあらわしている吉夢です。

家を建てる為に、自分の理想とする家の完成を想像する行為は、あなたの潜在意識をあらわしたもの。

これまで培ってきた知識や経験を通し、自分の家に反映しようとしていて、建つ家はあなたそのものをあらわしています。

夢とは違い、現実では予算や立地条件などの都合により自分の願望・欲望を抑えたものになりがち。

しかし、家を建てる夢は、なんの制約もなくあなたの考えを投影したものではなかったでしょうか?

夢の中でも現実的な家を建てる夢だった場合は、現実主義や堅実な人である可能性が高いでしょう。

一方、夢の中で建てた家が大きく豪華、綺麗な家を建てる夢だった場合は大吉夢です。

理想がなければ努力もできませんから、大きな理想を実現できる方へ向かうモチベーションが高いことをあらわしています。

実際に家を建てることに限らず、理想に向かう努力や気力が充実していると捉えてください。

 

家が壊れる(倒壊する)夢

家が倒壊するような夢。
家が壊れるような夢を見たら、どうしても良い気分になれませんよね。

夢占いで家は、「あなた自身」を象徴するもの。

  • 仕事や人間関係で感じている違和感
  • 計画していることが思い通りに進まない

今は違和感や、自信・目標の喪失を感じているかもしれません。

夢の中で家がどのように壊れる夢。家が倒壊する夢だったのか、思い出してみてくださいね。

激しく家が壊れるような夢なら、再生や再出発へ向かうことが早いことをあらわし、精神的な立ち直りが早くやってくることを意味します。

反対に中途半端に家が壊れるようなイメージの夢なら、現在も心に何か引っかかっていることがあることをあらわす夢です。

中途半端に家が壊れるような夢なら、気分転換が必要な夢だと捉えてください。

 

家を解体する夢

夢占いで家を解体する夢の意味は、「過去との決別」をあらわす吉夢です。

壊れてしまうのとは違い、自らの意思で解体を決めている、というのが家を解体する夢を紐解くポイントです。

主体的な考えがあり、家を解体するのと壊れてしまうのでは、まったく違いますよね。

自らの強い意志で、良い意味での過去との決別を決断し、新たな一歩を踏み出そうとしているのではないでしょうか。

転職を考えている人には吉夢とも捉えることができますし、新たな環境に身を置くことを考えている人が見やすい夢と言えます。

家に知らない人が訪ねてくる夢占い

家に知らない人が訪ねてくる夢

家はあなたの安らげる場所。
あなたの安らぎの場所である家に知らない人が訪ねて来たとき、夢にどんな印象を持ったでしょうか?

夢に対する印象を判断材料にします。

  1. 侵入者だと感じ、恐怖や不快感を感じた。
  2. 何故か、快く家に入れた、または家には入れなかったが嫌な気はしなかった。

1,家に知らない人が訪ねてくる夢に嫌な印象を抱いたなら、現在の人間関係のなかで、気になる存在がいるはずです。

あなたにとって煩わしい、鬱陶しいと感じる人物がいることをあらわす夢です。

職場や家族など現在の人間関係の中にわだかまりがある人はいないか?考えてみる必要がありそう。

2,家に知らない人が訪ねてくる夢に嫌な気がしなかった夢の場合。

夢占いで家はあなた自身ですから、誰かが訪ねてきても嫌な印象がない、ということは良い出会いがあることを暗示する夢です。

【夢占い】玄関の夢21選!ドア・訪問者・開けられる・異性・好きな人

2017.12.03

また、現在は心を開いている状態であることを示していますから、沢山の人と交流できる場所に出かけると、より良い方向へ向かう可能性を暗示する夢です。

詳しくは、夢占い玄関の夢を合わせて読んでみてください。

 

家に帰れない夢

夢占いで家に帰れない夢の意味は、「自信喪失、発言力の低下」をあらわしています。

夢の中では家の場所も、そして家に帰りたい、という意思もある。
でも、何故かうまく家に帰れない、こんな状況の夢を見る人が多いんですね。

家に帰れない夢は、「自分の中に答えがあるのに、実行に移せない」ような状態をあらわす夢です。

たまたま失敗が積み重なり、自信を失い、自らの中に答えがあるのに、発言することに自信が持てなく、迷ってしまうような状態をあらわしています。

家に帰れない夢を頻繁に見るようなら、何かの災いを暗示するような夢ではないので、気分転換を図りながら落ち着いて自分が自信を持てなくなった原因と向き合う必要がありそうですね。

また、家に帰れない夢を見る人は、以下の家が傾く夢を見たこともあるかもしれません。

理由は、同じことを意味する夢だからなんです。

 

家が傾く夢

夢占いで家が傾く夢の意味は、「自信喪失」をあらわす夢です。

夢の中の家は、あなた自身をあらわし、その家が傾いている様子は、トラブルを抱えていると解釈できます。

失敗をして自分の考えに自信を持てなくなってしまった。ここまでなら誰しもある経験の一つに過ぎませんが、悪化すると

  • 自信がなくなり、自分の考えが言えなくなる
  • 自分が考えていたことが、そもそも何だったのか、分からなくなる

精神的に追い込まれるような事があったのか、もし思い当たるようでしたら、肉体的、精神的なケアを必要としています。

また、家が傾く夢は、自分に今の環境が合っていないと感じている人が見る場合もあります。

例えば、「学校・職場」に対する居心地の悪さ。または自分につきまとう人間関係の中でのストレスをあらわす夢でもあります。

若い人が家が傾く夢を見た場合は、「家庭環境・家族」に対する、何らかのストレスを反映した夢だと思ってください(おもに親との意見の対立)。

 

昔住んでた家(実家)の夢

幼少期を過ごした家(実家)の夢を見た場合、特に意味がないケースがあります(多感な年頃で印象に残りやすく記憶に焼き付いている可能性があるため)。

しかし、何故いま昔の家(実家)を含む夢を見たのか?これが問題になってきます。

昔住んでいた家の夢を見て、良い印象があったのならば、それは現在に対する不満や、将来に対する不安です。

「子供のころに戻りたい」このような感情が湧いてくることは誰しもあります。これ自体に問題はありません。現状を憂いていると昔の良かった頃を思い出したくなるものですよね。

ただ、過去を変える事はできませんが、未来を変える事はできますから、現状を憂いてばかりいるのではなく、今後を良くしていくために考えていきたいですね。

 

家を売る(売却する)夢

夢占いで家を売る夢の意味は、「清算」を暗示しています。

金銭的な意味合いではなく、これまでの人生で得た経験をリセットする意味です。

経験というのは、良い経験ばかりではありません、成功体験が逆に足かせになる場合もありますし、苦い経験もあるでしょう。

それらを一度リセットし、あらたな転換期に差し掛かることを意味しています。

家を売却する夢を見て、「スッキリした印象」があったなら、良い方向へと導く吉夢と解釈できます。

 

家の夢のまとめ@夢占い

家の夢には吉夢とされるケースが多いのですが、その中でも家を買う、建てる、改築、増築は特に良い夢です。

みんなからの忠告に基づいて家を建てると、出来た家はいびつになる。

デンマークのことわざ

現実で家を買う時は、色々な意見や金銭的な制約を受けることにより、自分の理想とは違うものになりがち。

しかし、夢の中に出てくる家はあなた潜在意識を投影したもの。夢の中に登場した家だからこそ、ピュアなものだったといえるでしょう。

夢の中で見た家が素晴らしいものと感じ、その家を手に入れたいと努力できたなら、本当に良い夢となる可能性もアップしそうです。