【夢占い】土地の夢は何を意味する?買う、もらうなど状況別

土地の夢占い

夢占いで土地の夢は吉夢が多いのが特徴です。

特に、一時的なことというよりは今後の人生に関わるような大きなスパンでの出来事を示唆するケースが多くあります。

夢の状況によって解釈も変わります。どんな土地の夢だったのか、思い出しながら読んでみてくださいね。

 

まず、土地の夢の意味をザックリと。

まず最初に、土地の夢の大まかな意味を示します。

  • 土地の夢は、自分の居場所をあらわしている?
  • 人生の基盤をあらわす夢?

 

土地の夢は、自分の居場所をあらわしている?

土地は、家を建てたり、車を置いたり、庭を作ったり・・など、言わば自分の居場所となる大切な場所です。

このようなことから、夢占いで土地は、根づく場所=自分の居場所のようなものと解釈されています。

自分の居場所というのは、単純に「場所」を示している場合もありますが、パートナーや職場なども含まれます。

夢占いで土地の夢は、人生の基盤をあらわす?

人生の基盤というと、どんなことを思い浮かべますか?

色々とありますが、「お金」「健康」「家族」「仕事」などが浮かんだ人が多いのではないでしょうか。

夢占いで土地の夢は、そういった人生の基盤となることの状況を暗示する夢が多くあります。

夢の状況によって、吉凶変わりますので、以下を参考にしてください。

 

大きな(広い)土地の夢

夢占いで大きな土地の夢は、土地の状況や夢を見たときの印象により解釈がかわります。

大きな土地の夢は、基本的には良い夢です。広大な大地は「無限の可能性」の象徴です。

大きな土地にたたずみ、青空を見上げ両手を広げたくなるような気持ち良い印象の夢だったなら、立身出世を暗示する吉夢です。

また、単純に社会的地位に恵まれるだけではなく、人にも恵まれることを暗示しています。

また、大きな土地を耕すような夢なら、自らの手でこの先の運命を切り開くことを暗示していて開運の夢だと解釈できます。

ただし、土地の状態が悪いと感じた場合。例えば、大きな土地に草が生い茂っていて、荒れたような印象だったなら、この先の苦労を暗示していますので、注意が必要です。

 

小さい土地の夢

夢占いで土地を見て小さいと感じた夢は、今の自分に満足していないという感情のあらわれです。

土地を見る状況は色々とあるかと思いますが、いずれにしても「小さいな~」と感じたということは、「もう少し大きければな~」という気持ちの裏返しでもあります。

例えば、職場やそれに関わる金銭面において、自分はもう少しできるはず、これで終わる訳はない、などと感じている。

いまの彼氏とこのまま結婚したとしたら・・でも、まだ若いうちにやりたいこともあるし、どうしようなど迷いがある。

「自分に満足していない」とは言っても、どちらかというと、そんな「自分をまだあきらめていない」という気持ちのあらわれですので、前向きな感情をあらわしています。

この夢は、日頃から思っていながら実行できなかったことを、いざ行動にうつすチャンスのときかもしれませんよ。

 

土地を探す夢

夢占いで土地を探す夢の意味は、「根付く場所を探している」という夢です。

現実と同じく、夢の中で土地を探す、探しているのなら、根付く場所を探しています。

それは単純に安住の地、という土地(場所)を探している場合もあれば、信頼できるパートナーであったり、自分に合う職場環境を探している場合もあります。

夢の中で必死に土地を探すような夢なら、現在は恵まれていないと感じているということ。

最終的に土地を買う夢へと繋がったのか?にもよりますが、自分の居場所、パートナー、職場環境など、安住の地を求める心を映し出した夢だと言えます。

土地を買う夢

土地を買う夢

夢占いで土地を買う夢は吉夢です。

夢占いで土地が象徴するものは、「すべての基盤となるもの」です。

人により違いがあるとは思いますが、健康・お金などが基盤とされるものの代表かと思います。

土地を買うということは、手に入れるということと同義ですから、健康でお金に恵まれる夢と解釈できます。

さらに基盤ということは支えを意味していますから、伴侶となるような精神的な支柱をあらわすこともあります。

土地を買う夢は、家を買う夢の解釈と非常に似ています。

夢の中で土地を購入してから、家を建てるようなニュアンスの夢でしたら、こちら=>夢占い家を合わせて読んでみてください。

 

土地を売る夢

夢占いで土地を売る夢の意味は、「変化」を暗示しています。

例えば、仕事が変わる、転勤が決まる、家を引越すなど、生活面の基盤となる部分での変化をあらわしています。

いずれにしても、良い変化を暗示していて、栄転からの引っ越しかもしれませんし、自分を認められての転職かもしれません。

また、今後の人生を共にするかもしれない人と新生活を始めるという場合もあります。

今後が楽しみな夢ですね。

 

土地をもらう夢

土地をもらう夢の意味は、「出会い運アップ」を暗示しています。

現実に土地をもらう場合には、単純に物をもらうときとは違い、もらう方もそれなりの準備や手続きが必要となります。

自分にあまり関係のない、他人の話として「土地をもらった」などと聞くと、良いな~と思うかもしれませんが、意外と面倒なことも多いんですよね。

そんな、土地をもらう夢は、誰かを迎え入れる準備が整っていることを暗示しています。

今後、長い付き合いになるかもしれない人を迎え入れる準備が整ったことを示していて、よきパートナーとの出会いを暗示する吉夢です。

もしかしたら、人生の伴侶となるパートナーとの出会いかもしれませんし、仕事上での良き相棒かもしれません。

今後長い付き合いとなりそうな人ですので、大切にしていきたいですね。

 

土地の名前(地名)が印象に残る夢

夢の中で土地の名前を聞く、目にするなどして地名が印象に残る場合もありますよね。

例えば実在する土地の名前で、これまで縁がない土地であれば、将来的に何らかの関わりをもつことを暗示しています。

また、実在する土地(地名)で、これまで所縁がない場合は、親戚や身近な人と関わりがある場合もあります。

自分には全く関わりがないと思っていても、例えば親戚を辿ったら実はつながりがあったということもあるかもしれません。

ひょんなことから、その土地で生活することになる、または仕事や旅行で訪れるなど、大なり小なり将来的に何らかの関わりを持つことになるケースが多いようです。

忘れたころに「なんかこの地名聞いたことがあるような・・あっそういえば、昔夢で見た!」なんてデジャブ的なことがおこるかもしれませんね。