【夢占い】ろうそくの夢を状況別に解釈!買う、消す、消えるなど

ろうそくの夢占い

ろうそくの夢にどんな印象がありましたか?

良い意味でとらえられることが多いろうそくの夢ですが、夢占いでろうそくの炎が予期せず消えてしまう夢は凶兆をあらわしていると解釈されています。

また、ろうそくの夢の意味を詳しく紐解くうえで欠かせないのが夢の状況です。

ろうそくに火をつける夢なのか?または火を自分で吹き消す夢なのか?状況によりかなり幅広い解釈があります。

どんな夢であったのか?思い出しながら、読み進めてください。

 

まず、ろうそくの夢の意味をザックリと。

ろうそくの夢にどんな意味があるのか?まず、おおまかに示しますね。

吉夢ちゃん
  • 安定、余裕、充実
  • 健康運
  • 運気の好転、チャンスが訪れる
  • 吉事、お祝い事
  • 人間関係の安定
  • 行動範囲の拡大から新たな出会いへ
  • 希望
  • 導き
  • 心境の変化
以上が良い意味になります。

イヤ夢くん
  • 運気の低下
  • 悩み事
  • 心の不安定さ
  • 凶兆
  • 終止符を打つ
  • 心境の変化
こちらが悪い意味です。

例えば長いろうそく、または短いろうそく。

また、ろうそくの炎に対する印象や、炎の状態。これらにより意味合いも変化しますが良い解釈が多いのが特徴です。

では、ザックリとろうそくの夢の意味を示したところで、詳しくそれぞれの状況別に解釈をしていきます。

 

長いろうそくの夢占い

長いろうそくの夢占い

長いろうそくの夢は、「安定、余裕、充実」を示唆しています。

長いろうそくが安定して燃えている様子は、全体的に運気が良好な状態を示していて、「心身の安定」や「収入の安定」をあらわしています。

金銭、時間、精神的な余裕が、充実しているという実感を与え、それらがまた精神や時間などの余裕を生み出す好循環へと繋がることを示唆しています。

長いろうそくが燃えるようにゆっくりと循環を生み出すので、今はまだ恵まれていないと感じていても、やがて充実していることを実感できるでしょう。

また、長いろうそくは「健康運」を象徴しているとも解釈でき、現在体調が優れていることと、これから長い間体調に恵まれることも示唆しています。

 

ろうそくの炎が印象的な夢占い

ろうそくの炎が印象的な夢占い

ろうそくの炎がどのような状態だったのか?これにより夢占いでの解釈も変化します。

ろうそくの炎が安定していて、暖かみを感じ、安心するような炎の場合

「人間関係の安定」を示唆しています。現在、周りとの人間関係が安定している、またはこれから安定することの暗示です。

ろうそくの炎が安定していた場合は、心の安定・ゆとりをあらわしていて、どんな相手にもやさしくできる時です。

特に、毎日一緒に過ごす家族、恋人がいる場合には、日頃の感謝を言葉で伝えたり、ちょっとしたプレゼントで気持ちを示ことで喜ばれ、関係がより深まるでしょう。

 

ろうそくの炎を見て美しいと感じた場合

物事が好転し、チャンスが訪れるでしょう。

これまで停滞していたことに進展があったり、やりたいのにできなかったことができる環境になったり、欲しかったものが手に入るチャンスが訪れるかもしれません。

 

ろうそくの炎がユラユラと揺れ、今にも消え入りそうな炎

ろうそくの炎が今にも消えてしまいそうな頼りない状態の場合、「心の不安定さ」をあらわしています。

普段なら気にならないような些細なことが気になってしまうかもしれません。

また、それがキッカケで大きなミスやトラブルにつながってしまわぬよう、注意が必要です。

 

ろうそくの炎が大きすぎて「怖い」「熱い」と感じる場合

夢占いで炎は感情を象徴していると解釈されています。

その炎が異常に大きいと感じる、怖いと感じることは、感情のコントロールが上手くいかず、不安定な精神状態であることを示唆しています。

ろうそくの炎は「大きめ」で、かつ「安定している」方が吉夢と解釈できますが、大きすぎる、熱いと感じた場合は注意が必要です。

 

ろうそくの火(炎)が青い

青い炎をあげるろうそくの夢は、エネルギーに満ちている状態を示唆しています。

まわりの空気をしっかり取り込みよく燃焼していると青い炎をあげることになります。

夢占いの解釈に置き換えると、目標に向けての意欲が高まっていると解釈でき、行動範囲の拡大から新たな出会いへと繋がることもあるでしょう。

目標に向かう過程では色々な人からのアドバイスや手助けを得ることにも期待できそうな夢です。

 

たくさんのろうそくの夢占い

たくさんのろうそくの夢占い

たくさんのろうそくの夢は、「希望」をあらわしています。

暗闇を照らし、暖かみと安心感を与えてくれるろうそく。

そのろうそくがたくさん夢の中に出て来たなら、吉夢と解釈することができます。

周囲の理解を得られたり、周りからの応援・協力により、事態が好転することの暗示です。

これまで抜け出せなかった悩み事や解決できなかったことが前進するなど、希望の光が見えてくるでしょう。その際は、周囲への感謝を忘れずに。

ろうそくが綺麗に並んでいる夢占い

ろうそくが綺麗に並んでいる夢は、「導き」を示唆しています。

現在、つらい思いをしていても、ろうそくの明りに照らされるように事態が好転し、良い方向へ導かれるように歩んでいけることを示唆しています。

今が困難な状況だからこそ見る夢とも解釈でき、吉夢と捉えて良さそうです。困難から脱出できるヒントや手助けを得ることがあるかもしれません。

たくさんのろうそくに恐怖を感じた夢占い

ただし、たくさんのろうそくの夢に嫌な印象があった場合は注意が必要です。

例えば、どのろうそくも炎が消え入りそうだったり、大きな炎の合間を恐る恐る歩き怖いと感じた夢などは、「心の不安定さ」をあらわしています。

すこし肩の力を抜いて、リラックスを心がけたいところです。

 

ろうそくを買う夢占い

ろうそくを買う夢の意味は、「吉事やチャレンジ」を示唆しています。

お祝い事を暗示していて、吉報が舞い込んでくる、またはあなたにとって良い前兆をあらわしています。

また、ろうそくには希望や道しるべという解釈もあることから、これまで上手くいかなかったことが軌道に乗ることを示唆しています。

現時点で目標や、やりたいことがない人、諦めてしまっている人には、新たなチャレンジや目標が見つかり、新しい日々の始まりを告げる吉夢と解釈できます。

また、買ったろうそくの色によっても意味合いが変わります。

●赤いろうそく
情熱的な状態。前向きにチャレンジできそうです。

●白いろうそく
純粋、誠実さのあらわれ。

周囲のアドバイスには素直に耳を傾け、誠実に取り組むことで運気がより好転します。

●黒いろうそく
不安のあらわれ。

新たなチャレンジに対して不安を感じるかもしれません。ただ、新しいことには不安はつきもの。不安に負けずに前向きにチャンレンジすると吉。

●色彩豊かな模様が描かれたろうそく
明るくキレイと感じたならばポジティブに、どんより暗い印象を感じたならばネガティブになりやすいとき。

いずれにしても、少しのことで、気分が変わりやすいとき。人の意見に流されたり惑わされたりしないよう、自分をしっかりと持つと吉。

 

ろうそくに火をつける(火を灯す)夢占い

ろうそくに火をつける夢は、「可能性、希望、新たな道」です。

良い事の前触れと解釈され、気持ちが明るくなる出来事が起きることを暗示しています。

また、「誕生」を意味する場合もあり、身近なところで、新たな生命の誕生があるかもしれません。

 

ろうそくの火が消える夢占い

ろうそくの火が消える夢占い

ろうそくの火が消える夢の意味は、「凶兆」を示唆しています。

ろうそくが燃え尽きるような夢や、ろうそくの火が消えてしまう夢は、夢占いで凶兆と解釈されています。

悪いことの前触れという解釈があり、それは身内の不幸や、なんらかの凶事を示唆していると言えます。

ただ、自分が大病を患った経験、または事故に遭ったなど、死を意識する体験をした。最近、人生の行く末を考えている、将来を深く考えていた。

このようなことがあると、ろうそくの火が消える夢としてあらわれることもあるのです。ですから、あまり考えすぎず、不安やストレスとならないように捉えてください。

 

ろうそくの火を吹き消す夢占い

ろうそくの火を吹き消す夢の意味は、「終止符を打つ」ことを示唆しています。

この夢の解釈の場合、誕生日の夢で誕生日ケーキのろうそくの火を吹き消す場合を除きます。

現在付き合っているパートナーがいる人が、ろうそくの火を吹き消す夢を見た場合、その恋愛に対して疑問が湧いているようです。

火が消えてしまうのと違い、自らろうそくの火を吹き消すことは、あなたの心をあらわしていて、恋愛や結婚生活に自ら終止符を打つ可能性を示唆しています。

片思いの人がろうそくの火を自ら吹き消すような夢なら、諦めを示唆しています。

ろうそくの色が普通のオレンジではなく赤や青などハッキリとした色ほど、その気持ちの強さをあらわしています。夢を思い出してみてください。

また、自分の目指していた学校をあきらめたり、将来の夢をあきらめた場合も、夢の中で自らろうそくの火を吹き消す場合があります。

 

ろうそくが溶ける夢占い

ろうそくが溶ける夢があらわす意味は、「心境の変化」を示唆しています。

ろうそくが燃え、ろうそくが短くなり、ろうそくが溶け出しロウが垂れてきているような夢は「心境の変化」をあらわしているんですね。

  • 目標があり努力してきたが→目標に魅力を感じなくなってしまった
  • 好きな人→好きだったに変化する
  • 退屈な毎日を過ごしてきたが→やりたいことが見つかり楽しくなる
  • 嫌いな人→良い人に思える

このように良くも悪くも心境が変化します。ろうそくのロウが溶け出す速度のように比較的ゆっくりと心境が変化するので、自分の中でも受け入れやすい変化と言えます。