【夢占い】怒る夢!あなたが怒った相手は?

怒る夢占い

怒る夢、って不思議ですよね。

ふつう夢は、ストレスを発散する目的で見ることが多く、夢を見終えたら、スッキリしている場合が多いのです。

ところが怒る夢は、起きてからもまだ怒りの感情を引きずることがあるんですよね。

今回は、そんな特殊な夢といってもいい、怒る夢を解釈していきます。

怒る夢といっても色々な状況がありますから、どんな夢であったのか?思い出しながら、以下を参考にしてください。

 

まず、怒る夢の意味をザックリと。

怒る夢の意味

アンガーマネジメントという言葉を聞いたことがあるかもしれません。怒りを予防し、制御するための心理療法です。

怒る夢を見る人は、自分でマネジメントできているんですよ、じつは。

現実では、怒ることをしっかり我慢出来ている。だからこそ、それがストレスとなり、夢に出てきて夢の中でストレスを解消しているんですね。

誰にでも怒ることはできる。それは簡単なことだ。

しかし、正しい相手に、正しい程度で、正しい時に、正しい目的のために、正しい方法で怒ること、これはすべての人に備わった能力ではなく、簡単なことではない。

怒りというものに対するアリストテレスの言葉。

このように 怒る夢を見る人は、様々な状況を考えて、怒ることが適切ではないと考え、我慢できているんです。

でも人間ですから、感情を抑えることにより、どうしてもストレスが溜まるんですよね。

趣味や休息などでストレスを発散し、心のケアを意識してください。

 

好きな人を怒っている夢

好きな人に対して怒っている夢は、「今よりもっと自分を知って欲しい」という気持ちを暗示しています。

あなたの想いが伝わらないもどかしい気持ちや、もっと私を見て、という存在を認めて欲しい欲求や願望をあらわしています

好きな人と言っても、恋愛感情に限らず、好意的にみている人すべてが対象で、以下のような人も含みます。

・尊敬する先輩
・可愛がっている後輩
・先生と生徒のような関係性

可愛がっている後輩に少し強めの意見をぶつけたところ、相手が嫌な顔をする。

それに対してあなたは、「いや~良かれと思って言ってるんだけど」「分かって欲しい」「そんなつもりじゃないのに」などと心の中で思っていませんか。

実生活では、怒ることが問題解決にならないと思い、感情的にならないように接しているのでしょうが、「そんな自分をわかってほしい」という思いが心のどこかにあり、夢の中で怒りとしてあらわれているのかもしれません。

また、相手が自分を誤解しているんじゃないのか?など、真意が伝わらず誤解されることを恐れているという感情もあらわしています。

片思いの人に怒る夢は、上記の意味をより強くしたものです。伝わないもどかしさ、自分という存在を認めて、知って欲しいという強い気持ちから夢の中で怒りという感情。

さらに、悲しい気持ちが交錯し、怒っているのに泣いている、泣きながら怒っている夢を見ることがあります。

 

彼氏に対して怒っている夢

彼氏に対して怒っている夢は、「いつまで経っても相手の輪郭しか見えてこないような関係」に対する、焦りや悲しみが怒りとして夢にあらわれています。

この夢の場合は、ストレートに彼氏に向けた怒りをあらわしているケースが多いです。

・真面目に私と向き合っている気がしない
・理解してくれない
・相手が自分の事を話してくれない

いつまで経っても相手の輪郭部分しか見えない、肝心の彼氏の核となるような部分が見えてこない状況に対する焦り、悲しみが、夢の中では怒りという感情としてあらわれています。

それは、友達という関係の時代から、彼氏彼女の関係になった今でも関係性が成熟せず、変化がないような事に対する嘆きでもあります。

気持ちの焦りは、自分では表に出していないつもりでも、何気ない言動に表れており、知らず知らずのうちに相手にプレッシャーをあたえてしまっている場合もあります。

だからなおさら相手が心を開けない・・という悪循環になってしまわないよう、心にゆとりを持つことが必要かもしれません。

 

お父さんに対して怒る夢

お父さんに対して怒る夢

お父さんに対して怒る夢の意味は、「あなたの理想の高さ」を暗示しています。

あなたは父親とはこうあるべき!!このように自分の理想を明確にもっています。だからこそ、その理想と現実のギャップ対して怒りが込み上げるんです。

たとえば、「まぁ、お父さんも人間だし、そんなもんじゃん」このような気持ちでいれば、怒りという感情にまでいたらなかったかもしれません。

父親に限らず、○○とは、こうあるべき!!このように考えてしまいがちで、あくまで自分だけの理想のハズが、それが当たり前で誰しもに共通する価値観のように錯覚してしまうことがあるので注意が必要です。

大きく捉えれば、社会とはこうあるべき!!会社とは、男とは、女性とは、彼女とはこうあるべき!!このように考えがちです。

 

お母さんに対して怒る夢

お母さんに対して怒る夢の意味は、「抑圧からの解放」を暗示しています。

お母さんに限らずですが、女性には母性があります。大変暖かく、有り難いものですが、時に鬱陶しく感じ、押さえつけられているような感覚になることがあります。

たとえば

  • ご飯たべなさい
  • ハンカチ持った?
  • 古着を洗ってしまい、さらに綺麗に折りたたむ

悪気はないのが分かっているからこそ、もどかしく腹立たしいというか。ただ、この夢はお母さんに対する怒りをそのままあらわしているわけではないのです。

普段あなたが抑圧されていると感じているものが身近な存在のお母さんという形で夢に姿をあらわしているのです。ですから、実際に抑圧を感じているのは以下のようなこと

  • 彼女の束縛
  • 自分に課せられたノルマ

彼女からの束縛も好意の裏返しであったり、自分に課せられたノルマは、あなたの周囲からの期待であったり、それに対して「あ~もう、うっとうしい~」。

このような感情になっているのでしょう。そんな抑圧から逃げ出したいけど、逃げられない。それがストレスとして溜まっているようです。

それらのストレスを、夢の中で怒ることによって、吐き出しています。

 

弟に対して怒る夢

弟に対して怒っている夢は、現実に弟がいる人が弟に対する怒りを反映している夢の場合がありますが、違うパターンもあります。

  • 会社で気にかけている、可愛がっている後輩
  • アルバイト先で新しく入ってきたばっかりで不慣れな様子の新人

自分を慕ってきているような感じ。また、昔の自分を見ているようで、なんか可愛いと感じている、あなたが気にかけている存在。

弟のように感じている存在があなたの周辺にいると、弟という形を借りて夢としてあらわれます。

ただ、可愛がってはいるのですが、世話が焼ける存在で一筋縄ではいかず、あなたは苦労しているようです。

怒っている夢ですが、夢は忘れやすいものですから、曖昧で微妙なニュアンスの感情が捨て去られ、分かり易い感情である、怒る、悲しいのうち、今回は怒る夢を見たのだと思います。

 

おばあちゃんに対して怒る夢

おばあちゃんに対して怒る夢は、色々な解釈があります。

・自己否定
・後悔
・老いに対する不安や恐怖(未来を想像するのが怖い)

おばあちゃんは、あなたのルーツともいえる存在で、 あなたを映す鏡のような存在です。
そのおばあちゃんに対して怒る夢は、自分への苛立ちや不甲斐なさをあらわし、現在の自分を否定する感情を含んでいます。

また、年老いた時の自分を見るようで、未来を想像するのが怖い、という感情も含まれています。

幼少期からおばあちゃんを母性のかたまりのように大きな存在として感じていた人で、おばあちゃん子だった人は、年老いてきたおばあちゃんを見て、切なさや不安を感じているのかもしれません。

そういったさまざまな感情が、夢の中では「おばあちゃんを怒る」という形であらわれています。

おじいちゃんに対して怒る夢も上記と同じような意味合いを示唆しています。

 

第三者(見知らぬ誰か)に対して怒っている夢

第三者(見知らぬ誰か)に対して怒っている夢

第三者(見知らぬ誰か)に対して怒っている夢の意味は、「あなたの不満や、やり場のない怒り」を暗示しています。

会社の同僚や友人など、直接ぶつけることが出来ない相手への怒りの感情が、見ず知らずの人に怒りをぶつける夢としてあらわれています。

また、この夢の怒りは、社会に対する不満や不安の裏返しでもあります。

社会への不満・不安や、やり場のない怒りやなどを、友人や家族の誰かなどにぶつける訳にもいかず、自分の中でストレスとして抱えているのかもしれません。

夢の中で怒り、物を投げたりする夢も上記と同様にやり場のない怒りを物(第三者)に対してぶつけているような夢です。

 

怒っていて声が出ない夢

怒っているのだけれど、声が出ない、出せない夢は、「自分への怒り」を暗示しています。

それは不甲斐ない自分に対する怒りであったり、納得のいかない出来事に対する怒りであったり、これらに対して何故、出来なかったのか?言えなかったのか?このような怒りをあらわした夢です。

後悔もあらわしていて、あの時こうしていれば良かったのでは?なぜ、あの時、言えなかった、言葉に出来なかったのだろう…このような感情を含んだ夢でもあります。

 

怒っているのに泣いている、泣く夢

上記、声が出せない夢から怒っているのに、泣いている、泣く夢に繋がるケースが多いようです。

声が出せない夢は、悲しい感情も含んでいて、怒りながらも泣いているような感覚があり、目が覚めると実際に頬を涙がつたっていることもあります。

起きた当初は悲しい気持ちがとても強く、起きてからも数分間泣き続けることもありますが、その後は夢が嘘だったかのように、普段は食べない朝ご飯をムシャムシャ食べることもあります。

【夢占い】泣く夢17選!怒る・泣き叫ぶ・号泣・嬉しくて・悔しくてなど

2017.12.02

とてもスッキリするのが特徴で、心が軽くなるケースも多いため、吉夢といってもいいかもしれませんが、ストレスの根本となっている原因と向き合う必要があるのかもしれません。

詳しくは泣く夢を合わせて読んでみてください。

 

怒る夢の意味まとめ@夢占い

怒りの原因の多くは、他人を許さない事から始まります。もちろん、許せない出来事があったから、怒るわけですが。

私たちが敵に憎しみを感じると、むしろ自分自身が敵に支配されることになる

出典:デール・カーネギー1888~1955年アメリカの実業家・著述家・ビジネスセミナー講師

怒り、怒るという感情は負の感情であるのは確かです。

そのエネルギーはかなり高く、怒りをコントロールして怒りに支配されないようにしたいですね。